fc2ブログ
2022/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
プロフィール

カヨポネッラ

Author:カヨポネッラ
愛知県西部の小さな庭で、果樹やバラをコンテナ栽培しています。
もっと広いお庭があったらな~、と、夢見ることもありますが、いい加減栽培ではこれくらいがちょうどいいのかもしれません(笑)
オカメインコ(シナモンパールの女の子)と暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村
いらっしゃいませ
スイレン
今年もスイレンが開花しました。

スイレン260716-1

常滑焼?の甕に入れられた、こちらのスイレン。
かれこれ30年ほどの付き合いになります。
正確に何年育てているのかは、よく覚えていないのですが…。
まだ私の年齢が一ケタだった頃、近所の水場で捕まえた小魚を入れていた記憶があります。
となると、間違いなく30年…ムゲフォッ!グッファ!
…あれ?10年くらいかな?(笑)

スイレン260716-2
アップにしても、キレイ~

こちらのスイレン、ここ10年ほどは植え替えも施肥もしていません。
スイレンの管理は基本的に母の管轄で、私は日々の水足しだけを頼まれています。
与えている有機物といえば…。
母が時々買ってきて入れる、金魚くらい???
赤い金魚がチラチラ泳ぐ姿が可愛いらしく、小赤やリュウキンなどを2~3匹を入れてはみるものの、日向に置いてあるため水温が上がり過ぎるのか、ひと夏ももたずに死んでしまうようです
なぜ「ようです」なのか?それは…。

死体があがってこないから

金魚を入れてしばらくはその姿を確認できるのですが、いつも「いつの間にか」見なくなってしまいます。
そして、金魚が姿を消した翌年は、例年より色の濃い花がたくさん咲くという…(笑)

母に確認してみたところ、こちらのスイレンは知り合いから「姫スイレン要らない?」と言われ、わけていただいたものだそうです。
最近ではビオトープなどが流行し、花屋さんの店先でもスイレンを見かけるようになりました。
黄色や紫などの鮮やかな熱帯スイレンや、小さな姫スイレンを見るたびに思うのですが…。
うちのスイレン、「姫」か?
確かに、公園の池で咲いている白いスイレンよりは、葉は小さいと思うのですが。
花は特に姫と感じるほど小さくはありません。
ただ単に甕で育てているから、株が大きくなれないだけのような気がします。
その証拠に、このスイレンは、1つずつしか花を咲かせないのです。
1つ蕾が上がって、数日開いたり閉じたりをしたあと、「それではこれにて」と言いながら、花ガラは水中へ沈んでいきます。
そしてしばらくすると、また1つ蕾があがってくる、このサイクルを夏の間3~5回ほど繰り返します。
もっと広くて栄養の豊富な場所で育てれば、株が大きくなっていくつも花を咲かせるんだろうなぁ~。

清楚で可憐な花からは想像できないタフさと粘り強さで、我が家に存在し続けるスイレン。
広い場所も豊富な栄養もあげてはいませんが、30年経った今でも「今日、スイレン咲いてるよ」と家族の話題になれる存在でもあります。


人気ブログランキングへ
↑金魚のご冥福をお祈りして…ポチッ!
スポンサーサイト





 
へちま 収穫
へちまの一番果が、大きくなってきました。

へちま260715

加賀の太きゅうりみたいw
大きさが20cm程度になったので、今朝収穫しました。
週末に、スパムとあわせて炒めたいと思います。

こちらはへちまの二番果と三番果の花です。

へちま260714

昨日の朝、並んで咲きました。
雨上がりで花に水滴がついていましたが、雄花から花粉が出ていることを確認して、めしべに塗りたくっておきました。
今日、仕事から帰ってきて確認したら、どちらも子房が一回り大きくなっていました。
無事受粉できたみたいです。

一番果は、受粉から10日と待たずに収穫できました。
こちらの二番果、三番果は、どれくらいのスピードで成長してくれるのかな?
楽しみです♪


プランター菜園 ブログランキングへ
↑ンッフフフ~ン、ポチッと~!


 
小玉スイカ 愛ラブ いただく!
小玉スイカ愛ラブを収穫しました
約束の「受粉後40日」は7月20日のはずでしたが…。
実がパカッと割れてしまったので、強制終了と相成りました。

朝、実が割れているのに気付いたときは、実の4分の1程度に割れ目が走っていました。
すぐに収穫して冷暗所に置いて、そのまま仕事へ行きました。
夕方帰宅してスイカを確認すると、割れ目はほぼ一周、ぐるりと入っていました。

洗うと実に水が入ってしまうため、綺麗にふいて冷蔵庫で冷やしました。
しっかり冷やして、いざ、スイカ入刀!

愛ラブ260713
ジャ~ン!!
2人家族なので、1人半個ずつをスプーンですくって贅沢食いです!

味は…甘みもそこそこあって、美味しい!!
食感もシャリシャリと軽く、良い舌ざわりです。
水分が多くて、どんどんジュースが出てきます。
写真右の実の上の方に黄色い筋のようなものが見えますが、食べてみると筋張っているということはありませんでした。
もしお店でこのスイカを買ったなら、「まぁまぁ当りだね」というレベルです。
それが自分の庭で、しかもコンテナで育ったものなのですから、満点をあげたい気分です。

問題点をあげるとするなら。
写真はたまたま種が少なそうに見えるのですが、実際にはすっごく種が多い!んです。
市販のスイカを食べていて、こんなにイライラすることはないんじゃない?というくらいです(笑)
私は「スイカの種は先によける派」なので、余計にイライラするのかもしれません。
黙々と種を取りながら観察してしみると、黒々とした種がいっぱいあったので、早採りながらも未熟というわけではなかったみたいです。

また、愛ラブは糖度14度にもなる甘い品種ということでしたが、そこまでの甘さではなかったように思います。
実が割れた原因は、水を与え過ぎてしまったから。
果汁はたっぷり過ぎるくらいだったことからも、それがよくわかります。
その水分で甘みが薄れてしまったんだろうなぁ~。
スイカ栽培、奥が深いです!!

収穫後の愛ラブ株は、葉の色も悪くなり、これ以上実をつける力はなさそうです。
もし着果したとしても、1番果以上の品質は望めないでしょうし…。
思ったより短い付き合いで残念ですが、株は処分することにします。
やっぱりコンテナでは、複数収穫は難しいんですね。

結果。
受粉作業はドキドキして大変面白く。
実がついてどんどん膨らんでいく過程も楽しくて。
食べてにっこり!大満足なスイカ栽培でした!
来年はメロンを作るつもりでいましたが、やっぱりスイカにしちゃうかも!?
I Love 小玉スイカ 愛ラブ!


プランター菜園 ブログランキングへ
↑ギブ・ミー・ポチッと!w


 
へちま
台風の雨の中受粉をした、へちまの2番果が…。

へちま260711-1

全然膨らんでこないなぁー…。
自然に受粉できた一番果は、すぐ膨らんできたのに。
こちらの二番果は、うんともすんとも、です。
やっぱり雨で花粉が流れて、受粉出来なかったんでしょうね。
う~ん、残念!!
こちらの二番果の先に、良い感じに膨らんできた雌花があるので、そちらに期待したいと思います。

で、一番果はどうなっているかというと。

へちま260711-2

今、12~3cmといったところでしょうか。
とりえあずズッキーニの大きさを目指しています。
あ~、早く食べてみたいなぁ!


プランター菜園 ブログランキングへ
↑ほ~ら、ポチッとしたくなる~♪


 
照手水蜜が…!
皆様、台風の影響はいかがでしたか?
愛知県西部では特に被害も出ず、あっさり台風は過ぎ去っていきました。
猫額ガーデンでは10日の朝、風をよけるために全てのバラは避難をさせたので、どの株もダメージ0で済んだのですが…。
重量があるから大丈夫だろうと油断した、40cm角ポットの照手水蜜がひっくり返ってしましました
確かに鉢は重いのですが、木の高さがあるため、突風に耐えられなかったようです。
その結果、収穫直前の果実が落果してしまいました。
その数、全体の4分の3にあたる15個。

…あれ?
確か以前、10個程度になるよう、摘果したはず…だったのに…?
適当~に作業をしたので、思ったよりたくさんの果実をつけさせてしまったみたいです
この木にこれだけの数の実がついていれば、そりゃあ、一つずつの果実は小さくなるよね…。
照手水蜜の木の不調を疑ってしまった自分が恥ずかしいです(苦笑)

落ちた実は、落果のダメージで傷んだものは廃棄して、残りはきれいに洗って食べることにしました。
一つだけ、熟しているうえダメージを殆ど受けていないものがあったので、早速試食しました。
小さな実なので殆ど果肉はないんじゃないか…と思っていたら。
あら、意外。そこそこ可食部がありました。
しかも、水蜜桃をうたうだけあり、甘い!ジューシー!おいし~い!
やっぱり木で熟した桃は美味しいです!
ちょっと青かった残りの実は、一つ味見をしてみましたが、固いし甘みもなく、美味しくありませんでした。
数日追熟させたら食べられるかな?と、置いてあるのですが、今日になって甘い香りがし始めたので、明日くらいには食べられるかもしれません。

さて、奇跡的に落果を免れた果実がこちら。

照手水蜜260711-2

照手水蜜260711-1

2枚目の写真の果実は、明日には収穫したほうがいいのかな~?
庭先のコンテナ栽培でも、美味しい桃が収穫できるなんて…。
楽しすぎます



果樹菜園 ブログランキングへ
↑ピンポンダッシュくらいの気持ちで、ポチッと!




 
いちじく 蓬莱柿とバナーネ
愛知県西部の猫の額ガーデン、台風が近づいております。
朝から風が吹いてきたので、バラの鉢植えが転がらないよう移動させました。
ふとへちまを見ると、こんなお天気の中、雌花が開花しておりました!
さっそく雄花をとって、ベッタリ塗りたくっておきましたが…。
雨の中、無事受粉出来たのかな~?心配です。
そんな雌花の写真を、撮るには撮ったんですけれど…。
PCに落とそうとしてエラーが発生してしまい、データが消えてしましました!!
ショック!!
というわけで、今日は先日撮影したいちじくの蓬莱柿とバナーネをお送りいたします。

蓬莱柿260708
↑蓬莱柿
標準的な形?をしております。
スーパーなどで見かける桝井ドーフィンと比べると、もともとが小ぶりな実です。

蓬莱柿と比べると、個性的な形をしたバナーネさんがこちら。↓
バナーネ260708
若干細長いしずく型です。

どちらの果実も、熟してくるまであと1カ月半くらいでしょうか。
バナーネは生まれて初めて食べるので、とっても楽しみです。

蓬莱柿とバナーネ、こんな感じで実っています。

蓬莱柿260702
↑蓬莱柿

バナーネ270702
↑バナーネ

どちらも豊作です。
実が着き始めてから、バラと一緒に液肥(アルゴフラッシュバラ用/笑)をあげています。
だいじなだいじな赤ちゃんいちじく。
台風の風でダメージを受けないといいけれど…。


↑ポチッとしていただけると、嬉しくて天にも昇る気持ちです。


 
つるバラ アウェイクニング
つるバラのアウェイクニングが育っています。

覚醒260709-1

枝が3本伸びて、その先端に蕾が着きました。
ぷっくりまん丸で、か~わいぃ~!
可愛いんですが。
新苗は咲かせない!ので、写真を採ってから蕾は摘み取りました。

咲かせられないとはいえ、蕾があがってくるのは好調の証でもあります。
これであとはシュートが出てきてくれれば、最高なのになぁ~。
そう思って株元を確認したら。

覚醒260709-2

出てました!シュート

覚醒260709-3

しかも2本
玄関先(北側)の植物には毎日水やりをする必要がないので、気付くのに遅れました(笑)

よっしゃ~!
これでアウェイクニングも軌道に乗ったね!
シュートが出てくるまでが、特に心配なんですよね~。
ここから先は今の調子をキープできるよう、ガッツリ肥料をやって育て上げるだけです。
クリスマス明けには植え替え+誘引の予定ですので、それまでグニョングニョン伸びておくれよ~!


↑素敵なランキングにビュ~ンと飛べます。レッツ・ポチッ!



 
へちまが…!
へちまが、超元気です
ぐんぐん伸びて、もうトレリスに絡ませるのは諦めました(笑)
隣のブルーベリー(コースタル)を足場にアーモンドに侵略し、さくらんぼを越していっています。

そんなへちまの、一番最初についた雌花がこちら。

へちま260708-1

今か、今かと開花を待っていましたが…。
まったく進展しないまま、子房が黄色くなってきました。
これは…もう咲かないな…

他の雌花も確認してみましたが…。

へちま260708-2

これもダメ

へちま260708-3

こっちもダメ
あぁ~!全滅か!!
たくさん雌花がついたので、こりゃ楽勝か!?なんて喜んでいましたが…。
現実はやっぱり厳しいんだねぇ…

ションボリ~ンとしながらさくらんぼに水を遣ろうとしたとき。
さくらんぼの枝に、落花した雄花がひっかかっているのに気付きました。
ん?こんなところに雄花?
今まで開花したのはトレリスに絡んだ株もとばかりで、そちらにばかり目が行っていました。
なので、こんな先っぽに花がついていたなんてまったく気づきませんでした。
どの辺りに咲いていたのかしら?とさくらんぼの上を確認してみると…。

へちま260708-4

ん?
何かあるぞ…?
あ、あれは……!?

へちま260708-5

おぉ~!!雌花!
しかも開花済み!!
そのうえこの感じは…受粉したっぽいぞ!!??
花粉塗りたくり祭りはできませんでしたが、虫がきて受粉ができたのなら、それもまたよし!!
やった~!!これでナーベーラー料理ができるわぁ
20cmが収穫の目安らしいので、どれくらいでその大きさになるのか?
とっても、とっても楽しみです!


プランター菜園 ブログランキングへ
↑ポチッとを、清きイチポチッとをお願いいたします!


 
ハイネス雅 爛漫
6月23日 ハイネス雅の様子です。

雅260626

一番花のあと伸びてきたシュートの先に、これでもか!という数の蕾がつきました。
おぉ~、スゴイ
もともと花着きの良い品種ですが、それにしたって絶好調だな~。

10日後の7月3日の様子がこちら。

雅260703

シュート1本に10個もの花が咲きました。
こちらの写真は、シュート2本分です。
2本でバラの花束ができました
咲き始めはサーモンピンク、咲き進むと白っぽい色に変わっていくのがよくわかります。

今年の好調の理由をいろいろ考えてみると…。
やっぱり、液肥なんだろうな~。
今年は春にヘンリー・フォンダをお迎えして、バラ熱が再沸騰しまして。
例年よりこまめにアルゴフラッシュを散布しています。

大和プラスチック製の水挿しバケツに、アルゴフラッシュをキャップ一杯入れます。
バケツのメモリ4Lまで水を入れたら、バラの株元に流し込むだけ!
なんてお手軽!
アルゴフラッシュ、さまさま、ですね


薔薇(バラ) ブログランキングへ
↑ささ、ポチッと、ポチッと~


 
ブルーベリー 食べたい…
一週間ほど前に、青くなりだしたブルーベリーのコースタルちゃんです。

コースタル260706-1

柄の付け根まで青くなったら収穫適期。
一週間くらいで食べ頃になるかしら?
となると、今週末に初摘みになる…はず…だったんですが。

ない!
こことここと、ここにあったはずの青い実が…ない~!

株元も確認しましたが、落果した様子はありません。
…となると…。
野鳥?
通行人?

野鳥はね、もう、仕方がないというか。
鳥好きなので、構わないんです。
人はねー…ダメでしょ(苦笑)
何の証拠もなく人を疑っているわけではなく、以前ご近所のおばあちゃんから「今年は酸っぱいね~!」とか「また食べさせてもらうわね~!」とか、事後報告(笑)をうけたこともあるので、そういう人もいるってわかっているのです。
いやいや、そんな事後報告されても…ねぇ(笑)
まぁ、通り沿いに配置している時点で、そういうことを完全に排除はできないのも、わかっているんですけど。
小さなお子さんもよく通っているみたいですし。
確かになぁ。
歩いていて、ふと見たら、青いブルーベリーが生っているのに気づいたら、ドキッとして摘んで食べたい!と思うわなぁ。
というわけで、私も早く食べてみたいのですが、口に入るのはもう少し先になりそうです。

コースタル260706-2

こちらの実は木の横側のちょっと見辛い位置にあるので、私の口に入りそうな気がする~!


果樹菜園 ブログランキングへ
↑ポチッとしていただけると、とってもうれしぃ~の~